FC2ブログ

子育ては楽しい

義父の介護が終わりました。子育てももう終わりです。タイトルを変更かな?

Top Page › おじいちゃん › 目途がついたらって
2019-07-14 (Sun)  11:11

目途がついたらって

昨日は月並祭で毎朝お勤めに来てる
Nさんにもう義父は家に戻ってくることは
ないので宗教のもろもろを辞める話を
すると決めていたのですが・・・・。
やはりと言うか、とうちゃんが目途がついたらと
あいまいなことを話した模様。
Nさんにとっては義父はお父さんのような存在なのです。
ジャニーさんみたいなのです。
なので、毎朝のお勤めは続ける、もちろんお供えも
続けるとなったようです。とほほ・・・・
わたしにとってはこれまでと変わりなしです。
昨日、お弁当を買って帰ると、キッチンに領収書があり、
支部会費となっててなんと18000円也。
後でとうちゃんに聞くと宗教の東京支部?の会費で
1年分だそうですが、他にも機関紙がいくらかかかってるはず。
なので、Nさん奥様には月に入院費用は16万かかること、それに
紙おむつ代などいろいろかかるのに、義父の年金の手取りが
月に15万しかないとお話しするとビックリしててそれだけ?って
それから主人に聞くと貯金は300万くらいと言われててと話すと
それだけしかないの?ってこれまたビックリされました、あと、
保険があるけど、寿命はわからないし、葬式だって家族葬で
小さくやるって言ってもやっぱりそれなりにかかるわよねと心配されました。
まあ、正直な話をしておいたので、こっちの事情は分かってもらえたと思う。
それに、主人が仕事をしてるのは、こんな時のことも考えて
働いてるらしいので、義父が存命の間は働くつもりらしいです。
そりゃあ、そうよねと思いました。
そんなわけでまだまだ出費は続きます。

今回の選挙で安楽死を考える会という政党?が出てますよね。
私比例区はこちらに投票しようと思います。
これから超超高齢社会なっていくのに、
寝たきりで本人の意思も確認できずにいる人が
たくさんいると思うんですが、自分の死を選択できることも
重要だと母の死や義父の今を見てても思います。
私の若いころはバブル経済でどんどん年収も上がって
貯蓄もできましたが、今の若い世代や娘や息子のこれからは
それも望めませんし、自分たちのことで精いっぱいなのに、
私やとうちゃんが訳分からなくなっても
生きながらえて迷惑をかけるのは本当に申し訳ないです。
認知症で本人の意思が確認できなくなったら、
余命宣告が出たら、
死なせてほしいと遺言に残したいと思うのです。
20年経つと私は80歳過ぎます。
それまでになんとか安楽死の法案ができることを望みます。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-07-14

Comment







管理者にだけ表示を許可