FC2ブログ

子育ては楽しい

義父の介護が終わりました。子育てももう終わりです。タイトルを変更かな?

Top Page › 私事 › 拷問よ
2018-07-05 (Thu)  08:25

拷問よ

母の納骨のかなり前から
下腹部痛があり、55才で
閉経になり、大きな子宮筋腫を
持っていたけど、別段何も異常は
なく過ごしてたんだけど、
下痢したりもあったので、母の納骨で
ちょっといろいろ考えることが多くて
それで、腹痛が続いてるのかと思ってたけど
月曜日は腰まで痛くなってきて、かなりしんどい。
それで、ネットで症状を検索してみると
やはり婦人科系かな、卵巣嚢腫とか
卵巣がんがあやしい、最初は症状がないから
症状が出たときには転移していたりと書いてある。
それで、かかりつけの婦人科のサイトに行くと
火曜日の午後は休診になってて、それで
昨日の午前中に行ってきました。
ちょうど区からは子宮がん検診の受診票も
着てたのでサインして持っていく。
2~3年ぶりだったので初診で受診票も書き込む。
問診して、下腹部痛と腰痛があるのでと話すと、
卵巣もみますねと内診してもらうと、
前の受診の時同様と子宮内膜が閉経5年経ってる
のに分厚いですね、子宮体がんの検査もしたほうが良いと
言われてしまった。
あ~~、やはり体癌の検査キター。
でも、おなかも痛いし、ちょっとおりものも気になるし、
やってもらうことに。
先生からはちょっと多めに組織を取るので、
痛いけど頑張ってくださいと言われる。
ひえ~~~、怖いよ。
なるべく力を入れないようにして身構える。
けど、先生スパチュラって、看護師さんに
言っていて、使う器具を変更してるし。
最初は一番奥をカリカリと削られ、
右側、左側とおなか側背中側と
先生が言う通り本当に念入りに
組織を取られた、本当に痛くて
いたたたた、と、何度も声が出ちゃった、
それに終わってもしばらくは内診台から
降りれなかった、また診察室に行くのに
そのままってわけにもいかないで、
頑張って着替えて診察室に移動。
超音波で以前11センチと言われた筋腫は
7センチになってた、それは安心した。
もう筋腫は気にしなくて良さそうです。
確かに腹ばいになっても異物感が
なくなってたなと思う。
取った組織の様子だと大丈夫だと
思うけどと言ってくれたけど、
もう、痛さで半分先生の言ってること
聞いてなかったわ。
卵巣のほうはどうだったんだろう?
何も言ってなかったわ。
結果は18日9時に予約を入れました。
その時に卵巣のことと腹痛の原因を
聞こうと思います。
終わってからも腹痛辛くてで、
受付で予約票をもらって会計票を
もらうのを忘れてしまう。
会計済んで売店で冷たい飲み物買って
飲む、一人で帰れないとさえ思う。
とうちゃんに迎えに来てもらおうかって
本気で思った、おなかは痛いし、貧血
起こしてるのかめまいもしちゃうし・・・。
5分の道のりがめっちゃ遠かった。
もう11時半近かったので、とうちゃんに
昼食の準備をお願いする。
前日の夕食のおかず、おじいちゃんが
食べなかったので冷しゃぶ余ってるし、
おにいが前日お昼食べなかったので
豚キムチレンジで温めてるのが
残ってたのです。
後は冷凍ご飯をチャーハンにしようと
思ってたけど、そのまま解凍して食べて
もらうことにした。

私はもうすぐ横になってしばらく休憩。
あの検査を麻酔もしないでやるって
あり得ないよ。
看護師さんは痛かったでしょう~
ゆっくりご自分のペースで着替えて
良いですよと言ってくれて5分位
動けなかったけど、看護師さんの
気遣いのおかげで焦らなくてよかった。
頸がん検査の時にもう3回くらい
体癌の検査もしてもらっているけど、
どんどん痛みが強くなり、恐怖の検査です。
先生も念には念をって感じに組織を
取ってるんだろうけど、患者は地獄です。
もう、体癌の検査はしたくない・・・・
本当に怖い、麻酔が効かないで手術とか
ドラマであるけど、こういうことなんだと思った。
拷問だよ、拷問。

ということで、昨日はもう午後は何もできない。
ずっと横になって過ごす。
3時過ぎに少し腹痛が楽になったので、
洗濯物を片付ける。
4時のおやつにやっとお菓子を食べて
おなかを満たす。
夕食はみーちゃんにラインをしてたので
カレーを作ってもらった。
今朝はやっぱり、おなかが痛い。
出血は収まってきたけど、腹痛があるので
今日はスイミングだけどお休みします。

みーちゃんは1~3限まで授業。

おにいは24時間勤務。

昨日まったく買い物してないので
買い物いっぱいある。
冷蔵庫の野菜も底をついてきちゃった。
でも、雨が降ったりやんだりだわ。
台風の影響か昨日も今日もすごい風です。


スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-07-05

Comment







管理者にだけ表示を許可