FC2ブログ

子育ては楽しい

義父の介護が終わりました。子育てももう終わりです。タイトルを変更かな?

Top Page › 日々のこと › ゆで卵が双子だった
2016-07-21 (Thu)  08:57

ゆで卵が双子だった

今朝、朝食のゆで卵を割ると、
なんとひとつは双子でした。
思わず子供たちに見せたくて
おにいは休みなのに5時から起きてたから
すぐにおにいに見せにいくと、
おにいから思いがけない言葉が、
「げ?気持悪い!!」って言うの。
そんな風に言われると思わなかった。
でも、パンに乗っけてしっかり食べていました。
寝ているみーちゃんも起こして見せてしまった。
双子なのでひとつずつの黄身は小さい。
家で使った卵で双子に遭遇したのは2回目。
前はLLサイズの卵だったので10個中、
3個だったか双子卵だったけど、
今回はLサイズの卵で双子って初めてです。
朝からラッキーってうれしくなってしまった。

おにいちゃんは火曜日に都知事の期日前投票を
会社の帰りに区役所で投票を済ませてきました。
投票日は日勤なので投票は無理なのです。

昨日みーちゃんは、昼間は大丈夫だったけど、
夕方からのどの痛みが強くなってきて、6時ごろに
近所の内科医に診てもらいに行って着ました。
待ち時間に読もうと解剖学の教科書を持って行ったけど
空いていてそんなに待たずにすんだそうで、診察室に
入ると先生が教科書に気が付いて、何の勉強してるの?って
聞いて来て、OTだと話したり、先生から懐かしいな~って。
でも、お医者さんになる人は教科書が全部ラテン語なんだって!
ひえ~~、やっぱり頭よくなくちゃお医者さんにはなれないね。
勉強のことや、PTは人数が余ってるけど、今はOTや
言語聴覚士が足りないんだと話したり、色々話して楽しかったって。
このA先生は地域密着の先生で、往診もしてくれるのです、
うちはおじいちゃんが寝たきりとかになったらこの先生に
お願いしようかな、なんて考えています。
いぼも取るのもとっても上手で、一回の液体窒素で
大きないぼが取れちゃうんです。
みーちゃんののどの様子はそんなにひどくないからと
抗生剤の処方はなしで、腫れを抑える薬を処方されて
あとはアレルギーを抑える薬、痛み止めでした。

私は昨日はスイミングで、水温32.5℃、室温32℃。
半分くらいドームの屋根が空いてるから、
風が入ってきて、プールサイドは涼しく感じるけど
水中に入るとまるで温泉、先生がバケツに水を汲んできて
その水が冷たくてたまに頭から掛けてくれる水が
気持ちよかった~~~~。
そんなに暑いのに、なぜか3回もトイレに行ってしまって、
ちょっと脱水状態になってたみたいです。
終わってから、巣鴨まで蓮根の粉を買いに行ったのですが、
ふわふわしてるというか、ちょっと変でしたね。
お店で蓮根粉が売ってない、他に気になるものが2品あったので
レジで聞くと、熊本の蓮根粉なので入手が困難になってて
3袋しか入荷してないので1袋ならと出してくれました。
で、11月が蓮根の収穫時期なので、来年の年の初めごろから
店頭に並ぶと思うと教えてもらって帰ってきました。
途中、蜂蜜専門店で蜂蜜ソフトを食べ、帰る途中、
病院ばっかり入ったビルの1階のカフェでパスタを食べて
塩分補給して、仲宿のライフで食料品買って帰ってきました。

今日は朝からあいにくの雨で、かなり降っていたので、
みーちゃんはバスで出かけていきました。

10時から、おじいちゃんのデイサービスの契約です。
8月からは要介護1としてサービスを受けるので、
契約は包括支援センターから離れて、介護を受ける施設との
個別の契約になるので、ケアマネさんの施設との契約で
社長さんも一緒に見えるそうです。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2016-07-21

Comment







管理者にだけ表示を許可