FC2ブログ

プレドニンで治療

火曜日に防衛医大で診察を受けて、食べることが
ほとんどできなくなっているのなら、入院して
ステロイドで治療しましょうかとなったので、
昨日は、Z妹の旦那さんも仕事がお休みということで
急きょ血液内科の治療ができる先生がいる病院に
入院することになりました。
妹の旦那が車を出してくれて、妹と二人で
付き添ってくれたのです。
私も10時ごろ病院に着くように家を出て、電車が遅れていて
着いたのは10:10頃でした、ちょうど入院受付で
入院の手続きをしているところでした。
エスカレーターから母と目が合ったと思って手を振ったけど
反応がない・・・・・。
近くに行って大丈夫と声をかけても反応が薄いです。
手続きの後診察室で担当の先生と問診をして、
血液検査、レントゲン、尿、CT、などなど一通りの検査をして
病室へ、4階の4人部屋でした、占有スペースが広い。
すぐに昼食になったけど、食欲がない。
こんなまずそうなおかず・・・・って言って手を付けない。
じゃあ水分だけでも取りなよと、牛乳は飲んだ。
で、一つ聞きたいことがあるんだけどと改まって
私はなんで入院してるの?なんでここにいなくちゃいけない?
って、聞かれて、え~?さっき診察室でも先生が話して
くれたじゃない、悪性リンパ腫が再発して、食べられないし
入院して、今日からプレドニンで治療していきましょうねって
どんな病気なのかも先生説明してたでしょ?
自分でも悪性なんですか!!ガンですか!って、
驚いてたじゃないの。って話すと、知らないという。
熱だって出てるよね、食べ物食べられてないよね。
そういうのを治してもらうんだよと、話す。
どのくらい入院するの?と聞くのでたったの3週間って言うと
3週間は長いわよという。
で、妹が肩甲骨のところのリンパが腫れてるでしょ?
治療でそれが治るのよと話すと見えてるところは
はっきりわかるから何とか納得してくれたけど、
とにかく、認知機能がめっちゃ悪くなってて、
前日に入院が決まった時にも妹と旦那さんで
話して聞かせたらしいのにすっかり忘れてるのです。
それに一番の問題は、2年前の入院のこともまったく
覚えてないんです。まったくです。
それが一番問題で一から説明しなくちゃいけないし、
本人がその時すごく苦しかったことがいっぱいあったのに
実感がないから今回の入院も理解できないのです。
もう、生きていたくないなんて言う母。
じゃあ、もう食べなくていいじゃないって言ってしまった。
80歳、連れ合いに先立たれて3人の娘を残されて
本当に大変だった母だけど、女としては自由奔放に
生きてきた人だし、思い残すことはないでしょうって
思ってしまったのでした。
もういいわよ、お昼も過ぎてるし帰っていいわよって
言われて、帰ってきました。
そのあと、妹、妹の旦那さん私と近くのファミレスで
お昼を食べて、これからのことをちょっと話して、
駅まで送ってもらって別れました。
二日続けて母の付き添いと入院の支度など
妹と妹の旦那さんには本当にお世話になりました。

私は池袋でみーちゃんが入院した時の義妹から
お見舞いをいただいていて、快気祝いを用意、
15時ごろに池袋についてそれから売り場を見るも
決められない、ギフトコーナーの店員さんが
声をかけてくれて娘の快気祝いにおばさんに
返すと品と話すと自分では選ばないと思うと
真っ白なタオルでミッキーとミニーの刺繡が
してあるのを選んでえ~って思ったけど、
確かに自分用に選ばないけどかわいいなと
思ってそれに決定。
昔義妹がタオルって結構使うものだから
良いのよって、義母の香典返しの時に
話してたことを思い出してタオルが良いなと。
それから、地下に降りて夕食の一品を調達して
帰りました。
靴が足に合わず、びっこひきながら帰ってきました。
足の裏がずれて痛い。
疲れた~~~


今日は、朝から青空。
おにいは9時から19時の勤務。
みーちゃんは5.6限。
私は、今日はスイミングなんだけど、
家の掃除も先週の金曜日から出なくて
すごい埃っぽいし、買い物ができてなくて
いろいろ在庫がなくなってるのでそちら優先で
スイミングはお休みします。
スポンサーサイト



アニメPV&名曲集


presented by アニソン名曲.com

FC2カウンター
最近のコメント
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

わんわんママ

Author:わんわんママ
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索