FC2ブログ

良い先生かも

循環器科の先生とはお薬手帳を見返すと、
2014年10月2日にニトロペンのみ処方されてる。
ちょっと神経質そうなが第一印象。
先生とのおつきあいは7年目に入りました。
本来の病院では副部長になって出世しています。
ちょっと話しづらかったんだけど、昨日は
こちらの質問にちゃんと答えてくれて、
私が納得するまで答えてくれました。
なんだ、苦手と思ってた私がいけなかったんだ。
これからは疑問があったらちゃんと聞こうと思えました。
これまで症状を話しても、それは狭心症の症状じゃないって
言われて話がそこで終わってしまってたんですよ。
こっちはじゃあ何なのよ、どこに行けばいいの?って
思っててモヤモヤすることが多かったんですよ。
昨日はちゃんと逆流性食道炎かもしれないって
言ってくれてちょっと先に進んだ感じがしたの。
気になる症状があるのに、その症状は俺に担当じゃないって
言われてそのままってこっちがもっと聞けばいいんだろうけど、
先生に気を使うって言うか。
私こう見えても結構気を使います。
人見知りでもあります。
病院も新しいところができると一度行ってみるけど、
結局戻ります。
皮膚科と耳鼻科は板橋に来て最初に行ったクリニックです。
途中新しいところができると行ってみるけど、結局戻る。
歯医者もいろいろなところに行ってしまう。
眼科も新しく開院すると行ってみています。
歯医者と眼科は落ち着かないわ、ここってところがない。
そんなんですが、昨日はこっちの質問に
嬉しそうに答えてくれる先生の顔を見てたら、
なんだ良い先生じゃないって思ったのでした。
気になるときはちゃんと聞いてみます。

おにいちゃんは前日の新しいアイドルに
会いに行ったのが横浜で、収容人数何万人も
入る会場に5000人だったらしくて寒かったんだって、
そのせいだったのか、昨日は下痢しちゃってて、
何度もトイレに入る羽目になったと、
家に帰ってやっと収まったらしい。
薄い生地のズボン履いてたな。
この時期ちゃんとスパッツ下に履かないと
ダメだよと話しました。
昼間の温かい時間に出かけるから、
会場の気温とか夜の気温とか
考えないんだよね。
今朝は収まってると出かけて行きました。
今日は23時間勤務明日の朝7時まで。
おにいの職場には新年度2名新人さんが
はいってくるらしいけど、長続きしてほしいな。

みーちゃんは昨日は18:38に今仕事終わったと
ラインしてきた、毎日残業です。
帰宅は20:20頃だったかな。
新年度からみーちゃんの教育係が
移動になります、2年目みーちゃんは独り立ちらしいです。
みーちゃんの教育係はかなりのベテランで、
閉鎖病棟に移動、今そちらは難しい患者さんが
増えてるらしくベテランを投入ということらしい。
みーちゃんは担当変更なしです。
新年度新人さんも入ってくるみたいで楽しみです。
スポンサーサイト



カテーテル検査

みーちゃん17時前に病院に到着。
地下はスマホの電波が届かないので
1階にいるとラインが入る。
かなり待たせそうだよと返信。
お待たせしましたと看護師さん来たとライン。
地下に降りるとみーちゃんいました。
なんだかホッとする。前の人が出てきた。
その後、準備が整って検査室へ。
病衣を脱いでパンツ一丁になり、
寝台に横になる。体にはバスタオルのみ。
心電計を体にペタペタ貼られて、右手首の
点滴が落ちてなくて、手間取る。
左手首には麻酔を打つ、思ったよりも
痛くないよ。少し待って、カテーテルを入れる。
最初シースと言う2ミリの管を入れる時だけ
ちょっと痛みがあったけどそれもそんなに痛くなく
その後ガイドワイヤーが入る感覚がひじくらいまで入ってる?
カテーテルが心臓まで入るのにあっという間です。
腕を這ってるのはわかったけど、その後は無感覚です。
造影剤を入れるときに息苦しい感じになる。
私の上には2台のレントゲンの機械があっち向いたり
こっち向いたりと忙しく動く。
それから、冠攣縮誘発薬物負荷試験、点滴から
けいれんを起こす薬を入れて痙攣するかテストした、
あごの下が冷っとする、限度いっぱいまで薬を入れたけど
けいれんは起きず、それを2か所したけど2か所とも
けいれんは起きなかった。
先生も私も細い血管がけいれんを起こして狭心症を
起こしてると思ってたんだけど、違うんか?
で、冠動脈の上の方の分かれ目に血管の狭窄部分が
1か所見つかりました。
心臓の動きが悪くなって部分に血液を送る元の部分。
この狭窄のせいで肺に水がたまり、心臓の機能低下が
起きてたらしい、先生は薬を増やして対処しましょうって。
え?そうなの?ステントを入れるとかしないんだ。
血管が分かれてるすぐ下側が狭窄しててできない場所?
それともステント入れるほどじゃないの?
と思いながら検査は終了。
みーちゃんと一緒に検査結果を聞く。
検査室で言われたこととほぼ一緒のことを
話す先生。
ステロイドのおかげで造影剤の影響は皆無でした。
みーちゃんにお別れして病室に戻ると
ちょうど夕食が来てました。
検査食で手で食べられるようにご飯はおにぎりで。
お箸のほかにスプーンとフォークも付いてきました。
でも、手首に点滴の針なので動かすと痛いの。
左手首は15754.jpg

こんな感じで止血バンドをしてまして、親指は麻酔で
しびれてるし、動きずらい。
止血バンドのしたの赤い点々は麻酔の後です。
3か所刺してるのでした。
止血バンドの真ん中の赤い点がカテーテルを入れたところ。
ここに2ミリのシースが入ってガイドワイヤーが入って
カテーテルが入ったんだよねとまじまじ見るとちょっと曲がった
傷跡になっています。
止血バンドは空気を入れて圧をかけてるんですって、
1時間ごとに空気を抜いていく、20ミリずつ抜いていくって言ってました。
おさかなみたいな形の先っぽから注射器で看護師さんが
抜きに来ます。
右手の手首の点滴は動かすと痛くて、お箸もてないし。
点滴が終わったら取ってくれるのかと思ったら、
次の日の先生がくるまでそのままだった。
そのうち、カテーテルが入って方も麻酔が切れて
痛くなってきたし、両手が痛くて夜眠れなった。
我慢しないで点滴の方は取ってもらっちゃえばよかったかな。
次の日の9時ごろ先生が来て止血バンドを取ると
(血の跡とか付いてるので大きくしてみるの気を付けてくださいね)
15781.jpg

しっかり傷口塞がっていました、凄いね!!ビックリ!
下の方の麻酔した注射の跡、内出血しています。
で、検査のスケジュールにはお風呂は退院した翌日って
書いてあったけど、先生は今日から大丈夫ですよって。
退院許可。
よかった、お風呂入れなかったから、髪の毛ペシャンコに
なってるし汗かいたかし、シャワーだけじゃなくて
湯船に浸かって疲れ取りたい。
1日目も2日目も緊張したからか夜中に胸痛があったし。
入院費は58520円也。
帰ってから限度額認定証使ってるのかなと思って
病院に確認、入院前にPCR検査を2回も受けてるし、
それはどうなってるのかってのも確認すると、
治療のためのPCR検査は公費で負担なんだって、
それと、限度額上限以内なので、全額負担だって、
がっかり~。
なんだ、そうなんだ。
お昼はとうちゃんが期限切れのカップ焼きそば、
私はどどん兵衛を食べました。
カテーテル部分も点滴部分も昨日は腫れていました。
夕食から私が作りました。
とうちゃんが作った夕食
66915.jpg
白菜旨煮、ジャガイモと玉ねぎの味噌汁、買ってきたサラダ。
うちのご飯や味の素のおかずの素で最近は簡単にできるので
これからはそれらを用意して家のお野菜を消化してもらえそうです。

67154.jpg
レトルトのビビンパ丼、麻婆豆腐ともやしと油揚げの味噌汁。
67070.jpg
二日目の昼食そばめしは残ってたご飯と残ってたゴマしょうゆ味の袋めんで作ったって、
袋めんの調味料と塩コショウのみの味付けだってこちらはみーちゃん作です。

検査当日

入院2日目、検査当日。
朝食は卵焼き以外は相変わらず味がない。
朝、看護師さんから午後2例目の検査と言われる、
そのご検査時間が遅くなりそうと言われる、
その後先生からも夕方になると。
やっぱり、木曜日は手術があったんだよねと思う。
で、その検査の1時間前に点滴のラインを取ると言われる。
それまでは何もすることないって。
こちらの病院は屋上もないし、そんなに大きくないので
散歩をするところもないんだよね。
病棟も歩き回ってると迷惑になりそうな。
結局左隣の患者さんがカーテン越しに話しかけてきて
1時間ぐらい話す、お隣さんは毎月入院してるんだって。
病名は聞かなかったけど血液の癌のようです。
血液検査の結果が出るようで待ってるところでした。
2年前に癌と言われてその時は余命3か月と言われたそうですが、
抗がん剤が私にはあっててここまで来たと、白血球が
少なるなっちゃうらしくて感染症が怖いって言ってました。
抗がん剤治療で、入院でやってくれるこの病院にお世話に
なってるそうです。12日間入院で、最後に輸血して退院だそうです。
余命3か月と言われた人とは思えないくらい元気な方でした。
みんなに話しかけてて社交的な方でした。
私は人見知りなので自分からは声はかけられない。
15時過ぎに点滴のライを取りに来て、看護師さんから
16時半ごろになりそうと言われて、誰か家族の方は
来られますかと、前の日に本人だけで良いとと思うと
看護師さんに確認してたんだけど、検査の結果を
家族も一緒に聞いてもらったほうが良いと言われて、
ちょうど木呼びお休み取ってたみーちゃんに
17時ごろ地下1階のレントゲン室の前に来ててと連絡。
ところが前の手術が終わらない。
やっと呼ばれたのは17時を過ぎていました。

続きます

検査入院1日目

完全に勘違いしていました。
18日に入院手続きしながら熱を測ると37.2℃で
30分置いて測っても下がりません。
検査入院延期となりました。
で、私先生から木曜日再入院と言われたと
思っていたのですが、なんと水曜日の間違い。
水曜日の14時半ごろ電話が鳴って、病院から。
それで、勘違い発覚。病院の案内には20日となってる。
えええ???なぜ?だって日程を決めるときに
木曜日は手術があるからダメって言ってたよね?
だから、木曜入院で金曜検査だと私の頭はそう
思い込んでたのです。
これからで大丈夫ですか?入院受付の方は
何時に来れますか?え~っと、と口ごもってると
それでは来られる時間がはっきりしたら連絡くださいって
電話をいったん切って慌てて着替えて、荷物はそのまま
だったので薬だけ入れて、シャトルバスはあきらめて
タクシーで行こうと病院に15時ごろには着けると思いますと連絡。
家を出る、環七に出ると、なかなかタクシーが来ない。
バス停まで行って時刻表を見ると、あれ、すぐバス来そう?
と思ったらバス来たよ、めっちゃラッキー。
で、病院に着いたのは15時少し過ぎたところでした。
その後、入院手続きは18日に終わってるので、熱を測ると
今回は36.8℃で入院オーケーで、病棟の看護師さんが
迎えに来てくれました。
パジャマに着替えるも病室はめちゃ暑い、もっと薄いパジャマが
良かったわ。
持ってきた薬は薬剤師さんがお預かりしますと、持って行って、
代わりに夕食後と検査当日朝飲むステロイド、プレドニゾロン錠
3錠×2を置いていきました。造影剤アレルギーを抑える薬です。
心電計を胸に貼って準備完了、血圧、酸素飽和度も大丈夫。
ちょうど18時ごろに夕食です。
なんとも質素なお献立、塩分エネルギー制限食です。
味がない、塩分抑えるとこうなるのねと思う。
抑え過ぎでは?美味しくないよ~。
夕食後ステロイドをしっかり飲みました、これが一番大事。
その後は何もないので、スマホでブログのチェック。
コメントありがとうございます。
ログインできないし、スマホでの入力苦手なのでブログは
書けなかったけど、コメントだけは入力したよ。
ほんとに病室は暑くて眠れなった~。

耳鼻科に行くと

昨日は午後から耳鼻科に行ってきました。
14:30~午後の診療で、5分前に到着。
玄関にはコロナを疑われる方はと
張り紙があり、連絡先が書かれております。
中に入っても、階段にはクリニックでは
コロナの検査は出来ませんと大きく掲示されています。
それとネブライザーは感染防止のため
中止しておりますって、どんだけ怖がってるんだ?
という有様です。
ネブライザーが出来ないなら、薬だけでよかったよ。
もう25年以上通ってる耳鼻科なんだからさ。
先生だって分かってるんだし。

こちらの耳鼻科、診察しないと薬をくれないのです。
そして、薬は1か月分しかくれないの。
それがね、今回は先生から2か月分処方しましょうかって
言ってくれて、ビックリです。
こちらも分かってるアレルギーの薬で何度も病院通いで
面倒だなって思っていたので、お願いしますとなりました。
よかった~、これで今シーズン耳鼻科は行かなくて大丈夫。
と、思ったら、薬局で1か月分しか薬がないというんですよ。
え?なんで?で、入りましたらお届けしますっていうので、
こちらの耳鼻科とお向かいにある薬局は私の行動範囲から
ちょっと外れたところにあって、わざわざ行く場所にあるので
お願いしますと言って、56日分の薬代を払って1か月分だけ
頂いて帰って着ました。



ライフ仲宿のペーパー類の様子はどうなの?と寄ってみる。
2階に上がると、トイペの置いてあったと思われる場所は
広く空間が広がっており、生理用品、キッチンペーパー、
ハンドソープの棚も空いておりました。
こちらの店舗はまだまだ品不足が続いてるようです。
あ~近くのドラッグストアーも覗いてみればよかったかな。
人口密度の影響で店舗によって品ぞろえ数に格差があるね。


写真整理してて下の妹家族と一緒に
子供たちが小さいときに海に行ったりプールに
行ったりしてて、妹の子供たちも
たくさん写真に写っていたのです。
なんと60枚近い数ありました。
昨日はそれを妹に送りました。

みーちゃんは昨日卒業した高校の
先生に友達と会いに行ってきたのですが、
卒業式の打ち合わせがあり、3年の先生たち全員
不在だったそうです。
それで、今日はいると言うのでまた午後から
行ってくるそうです。
巣鴨で遊んで帰って着ました。



GO TOP